今さら聞けない!結婚式場の種類とは?

挙式スタイルによって選ぶ結婚式場

結婚式をする会場を決める前には、ふたりがどのようなスタイルで挙式をするのかを、まず決めておきましょう。それによって選ぶ式場は変わってくるからです。

最近の日本でおこなわれる結婚式は、ほとんどがキリスト教式か神前式、もしくは人前式のどれかです。キリスト教式は教会式ともいわれており、おもにステンドグラスやバージンロードのあるチャペルでおこなわれます。また神前式は和装に身を包み神社の神殿前でおこなう日本伝統の挙式スタイルです。人前式は宗教的なセレモニーはおこなわず、参列者の人たちに結婚を誓うのが特徴です。

ウェディングドレスを着てキリスト教式で結婚式をするならチャペルのある会場、和婚ができる神前式をするなら神社の神殿がある会場を選びます。人前式は宗教儀式をおこないませんがチャペルを使うこともあります。

結婚式に使える会場の種類

専門式場はチャペルや神殿が備わっている式場もあり、キリスト教式・神前式・人前式ともに使われます。専門の会場なのでノウハウや設備が充実しているのが特徴です。

ホテルは敷地内にチャペルや神殿があり、それぞれのスタイルで挙式が可能です。同じ建物内で披露宴ができるため移動が楽だったり、宿泊できるところも人気があります。

また独立した一軒家のゲストハウスは、貸切可能なため個性的な挙式がしやすく、人前式やキリスト教式ができます。

普段はレストランとして営業しているお店で、結婚式の時には貸切になります。挙式スペース付で人前式ができるようになっていることも。

もちろん神社は神前式ができます。挙式だけでなく、披露宴会場が併設されているところもあるので、あまり移動しなくても披露宴ができることもあります。